FAQ

よくある質問と答え

Q:ドローン撮影の流れは?

A:以下のような手順で行います。

  • お電話かメールフォームでご連絡下さい。
  • 撮影地を確認してドローン撮影可能かどうか判断します。

予め飛行する土地の管理所有者の許可を得ているとスムーズです。

  • 撮影内容や使用目的に応じて、どのような映像を撮影するか相談します。
  • 撮影日時の調整を行い、予備日を含めて決定いただきます。
  • 撮影当日、現地にて撮影内容を確認し、安全確認を行ってから撮影を行います。

(映像はモニターにてリアルタイムで確認できますので、その都度指示が可能です)

  • 撮影したデータをPCにバックアップし、お持ちのメディアにコピーしてお渡しします。
  • 場合によっては不要な部分をカットする編集作業を行い、後日ファイル便等で納品します。(別途費用がかかります)

 

Q:撮影プランの違いは?

A:撮影時間と予備日の設定、使用する機体が異なります。

「数カットだけ動画や静止画を使いたい」「決められた日時にしか撮影できない」

といった場合【ライトプラン】がおすすめです。

「様々なアングルから動画撮影をしたい」「リハーサルを行い、じっくり撮影したい」

といった場合【スタンダードプラン】がおすすめです。

スペシャルプラン】では上位機種『Inspire2』を使った映画撮影に対応します。

※現在準備を進めております。

まずはご連絡下さい。ご要望に応じたプランをご相談させていただきます。

 

Q:撮影時間はどれくらい?

A:バッテリー1本あたりの飛行時間は気温や風速により変わりますが、30分程度です。

撮影では余裕を持って1フライト20分程度でバッテリー交換しています。

当日の打ち合わせや準備等を含めた撮影時間(現地滞在時間)の目安は以下の通りです。

【ライトプラン】滞在時間3時間程度迄 バッテリー3本以内

【スタンダードプラン】滞在時間6時間程度迄 バッテリー6本(順次充電対応可能)

【スペシャルプラン】滞在時間6時間程度 ※準備中

※空撮には集中力が必要です。拘束時間が長くなる場合は事前にご相談下さい。

 

Q:夜間の空撮、車両を追いかけるような特殊撮影は対応できますか?

A:夜間空撮は国交省包括申請済、海上での撮影、車両等の追尾撮影にも対応可能です。

まずはご相談下さい。

 

Q:出張エリアの範囲は?

A:東北6県包括申請済ですので、東北各地どこへでも行きます。

 

Q:撮影日が悪天候だった場合は?

A:天候は人間の力ではどうしようもありません。

雨天、強風、降雪の場合は飛行を中止する事を予めご了承下さい。

荒天やお客様の都合による中止の場合、予定7日~3日前はキャンセル料30%、

それ以降は50%を頂きます。

スタンダードプランに加え、複数の予備日を設定いただく事をおすすめします。

ライトプランの場合、予備日3万円/日(2日目からは2万円)

 

Q:動画と静止画 両方の撮影はできますか?

A:可能です。

その場合、動画との混在ではなくそれぞれ撮影しますので、撮影可能時間が伸びます。

 

Q:突然ですが、明日撮影したいのですが大丈夫ですか?

A:対応可能な場合もございます。お気軽にお電話でご連絡下さい。

 

Q:Phantom 4 Proの画質で大丈夫ですか?

A:1インチCMOSセンサー搭載で4K/60p(4096×2160)での動画撮影が可能です。

有効画素数2,000万画素で、静止画も5472×3648で撮影できます。

高性能な業務用ドローンに匹敵するクオリティーと安全性を持っています。

 

Q:映像制作以外に、ドローン空撮はどのような場面に使えますか?

A:普段見慣れた景色でも、鳥の目線で新たな発見が!可能性は無限です。

  • マンションや土地など不動産物件の紹介動画に
  • 家屋の落成記念、太陽光パネル設置記念等に
  • 土砂崩れ、堤防決壊等の被害調査に
  • 遺跡の発掘調査や記録などに
  • 巨大建造物(大仏・大鳥居など)の清掃・修理前の調査に
  • 卒業アルバムの人文字撮影に
  • 動植物の生態調査に
  • ジェットスキー、スノーモビル、サーフィン等、各種スポーツのセルフィー撮影に

ぜひ一度、ご相談ください!